日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 宣伝:音
CATEGORY ≫ 宣伝:音
      

もうすぐなので

水野直子コンサート情報。以前にもお知らせしたのですが間近に迫ってきたのでもう一回。
現時点で残券わずかになってました。有難いことです。


日程:十月二十二日(金)
開場:18時30分
開演:19時
会場:東京オペラシティ三階 近江楽堂
入場料:全席自由 4,000円


曲目:

(チェンバロ)
D.スカルラッティ/ チェンバロのためのソナタ K.1, K.491, K.430, K30, K.502
D.Scarlatti:Sonata per clavicembalo K.1, K.491, K.430, K30, K.502

A.ヴィヴァルディ/ ヴァイオリン協奏曲 作品4 「ストラヴァガンツァ」より10番、6番
A.Vivaldi/ Concerto Op.4 ‘La Stravaganza’ per Clavicembalo No.10, No.6 

休憩 

(フォルテピアノ)
W.A.モーツァルト/ ピアノソナタ 第8番 イ短調 KV 310(300d )
W.A.Mozart/Klaviersonate in a KV 310(300d )

J.ハイドン/ ピアノソナタ 第52番 変ホ長調 Hob.XVI
J.Haydn/ Klaviersonate in Es Hob.XVI



チケットご予約・お問い合わせ:
松木アートオフィス Tel 03-5353-6937
東京古典楽器センター Tel 03-3952-5515 fax 03-3952-5516
アヴァンティ Avanti http://www.avanti.gr.jp/
ピッツィコ・マルテッロ pizzicomartello@gmail.com





東京なので私はいけませんけど、興味がある方はどぞどぞー。
翻訳やら音楽教室やら歯医者やら、なんか色々大変そうなんですが行ったら楽しいと思いますので普段あまり音楽に馴染みのない方もよければどうぞ。平日にあるので限られちゃいますが、時には音楽に身を委ねる日があってもいいんじゃないでしょうか。
それでは!

聴いてきました!

デュオリサイタル行ってきましたー!
市民サークルみたいなのとかなら何度か聴きに行ったことあるんですけど、今回みたいに少人数というかソロのようなコンサートは実は初めてだったんです。とてもよかったです。冒頭でどちらかが伴奏ということではなくて、どちらもメインなのだと言われたのだけど、聴いてその通りだと思いました。追いかけっこをしたり並走していく二つの音がしっかり響いてました。お互いに譲り合っていた音が次の瞬間一緒に駆け出していたり、それがとても心地良かったです。
そして私、普通のピアノで弾くのかと思ってたんですが、フォルテピアノというピアノだったんですね。車で運んできたって言ってたんですけど、そこにびっくりしたよ。チェロもバロックチェロという種類だったそうです。チェロはわかんないですけどピアノはいつも聴くものより音がちょっぴり低く(もしかしたら調律の関係でかもしれませんが)、そして響いていた感じがしました。まあ、これは気のせいかもしれませんけど、でも久々に生の音楽と触れ合えて楽しかったです。チェロのガエターノ氏はとても有名な方だそうで、面白い弾き方をしていたのが気になりました。私が知らないだけでしょうけど、弓だけじゃなくて指で弾くようにポンと音を出している時があったんですね。最初どこから音がでているのかと首を傾げてしまいました。あんな弾き方もできるんですねえ。知らなかったー。そういえば、氏はイケメンというよりかはダンディと言いたいお方でした。ナイスヒゲのおじ様。ちらしではヒゲがなかったので印象がちょっと違いましたよ。だが渋めのナイスミドル。

これから明日の山口と東京公演もありますんで、よければ是非どうぞ。

そういえばもう一つ驚いたことがあったんだった。直子姉の学歴見てたら恐ろしいことを知った。主席だってのは聞いてたけど、栄誉付の主席って……すごすぎ。従兄といい彼女といい、なんか秀でている人が何気に多いなあ。自分の凡才ぶりが哀しくなるね。

デュオ

ふふふー、明日は楽しみなのですよ。
ちょっと前にも言いましたが、親戚のデュオリサイタルがあるのです。チェロとピアノです。どうやらチェロ奏者の方はイケメンらしいよ。あはは。
今回は北九、戸畑で開演なのですが、そのあと続けて山口と東京の公演も控えております。平日というのがちょっと痛いですが、もしお暇とお金に余裕があるという方はちょっと聴いてみてくれると大変嬉しいです。やっぱり誇らしいので。山口は明後日なんですよね。そちらもよければどうぞー。東京は池袋らしいよ。ちなみにお値段は学生2000円から当日4500の間です。興味あるならこちらでチケット買えるみたいですー。演奏会情報と合わせてごらんください。「ガエターノ・ナジッロ 水野直子 デュオリサイタル」になります。

一応私もピアノ習ってたので楽譜見れば弾けるんですが、才能はまったくなかったみたいです。まあ、技術的な面で色々問題があったんだよね。そして音楽の授業は好きなほうでしたが、作曲家と曲名がいまだに繋がらないというだめっぷり。あまり誰の作品とか気にせず、自分が好きか嫌いかでしか聴いてなかったからなあ。駄目な見本です。とりあえずバロック音楽が好みだということだけはわかる。

宣伝

親戚が今度演奏会を開くという。
で、折角なのでちょっと宣伝。有難いことに結構チケットが売れているそうなのでもしかしたらあんまり残っていないのかもしれないのですが、まあ、折角なので。北九州近郊で興味のある方はどうぞ聴きに来てください。私もその日は早めに仕事切り上げて行く予定です。
そんな訳で宣伝。




【催し物】  ガエターノ・ナジッロ、水野直子 デュオリサイタル ―バロックチェロとフォルテピアノの夕べ―
【開催日】  3月19日(金)
【会場】   ウェルとばた
【開演時間】 19:00 *開場は18:30です
【内容】   Ludwig van Beethoven
       Grand Sonate pour le pianoforte avec une violoncelle obbligè op. 5 No. I
       ルードヴィヒ ヴァン ベートーヴェン
      ピアノとオブリガート付きチェロの為のソナタ 作品5-1

       Joseph Wölfl
       Grosses Duett Für Pianoforte und Violoncello op. 31
       ヨーゼフ ヴォルフル 
      ピアノとチェロの為のグランデュオ 作品31

       Ludwig van Beethoven
       Grand Sonate pour pianoforte et violoncello op. 69
       ルードヴィヒ ヴァン ベートーヴェン
       ピアノとチェロの為のソナタ 作品69

【入場料】  前売:3,000円、当日:3,500円、高校生以下:2,000円
【問合せ先】 ピッツィコ・マルロッテ(水野 直子)電話番号03-3937-1873

≪追記≫
別の日程も書いてあったので記しときます。よければどうぞ。

2010年3月20日(土) 山口県政資料館 083-933-2268
開場/17時30分 開演/18時
全席自由 前売り/3500円 当日/4000円 学生/2000円
山口公演のお問い合わせ;080-6310-9848 e-mail/manicordo@yahoo.co.jp


2010年3月24日(水)自由学園明日館 03-3971-7535
JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分
開場/18時30分 開演/19時  全席自由 前売り/4000円 当日/4500円
3公演フォルテピアノ;Anton Walterモデル 2002年 提供;梅岡楽器サービス




です。
そしてさっきうろついてたらブログを見つけてしまった。元気にしてそうでなによりだ。

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31