日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年10月
ARCHIVE ≫ 2013年10月
      

≪ 前月 |  2013年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

はじまり更新したー!

はじまりの魔法使い」更新しましたー。20話です。
これで残りは三話になりました!
年内終わらせるぞー!

そして今回の更新分はちょっと終わり方がいつもみたくほわほわしてないです。
どうあがいてもやさしくはならないネタだった。けれど、ディーアにとってどっちが幸せだったかは難しい問題。泣かない強い子に慣れてたらいいなと思うよ。

スポンサーサイト

作ってみました~


最近ずっと窓が製本がと言っていた分です。
とはいってもキャラ紹介だけで本編はこれからですが。

今回は素材を使って、あとハトメとか今までやってこなかったものでやってみました。作るのは楽しかったです。

ついでにコレを作った時のやり方も聞かれたので書いてみました。
http://www.geocities.jp/keiyo_u/seihon2.html
そんな難しくないのでぜひ皆様も作ってみてください。

でんしょでしょ! 四号発行!

参加しております電子書籍企画のでんしょでしょ! 最終号が発行されました~
こちらからどうぞです。

元のお話はギフトに置いておりまして、多分小説ページになかったから読んだことない方もいらっしゃると思うのですよ。
元はこちら
で、今回はかなり書き足したり校正で指摘を受け、修正したりでかーなーりー変わっております。主に書き足した部分が多いのと、細かいところの違和感を潰しました。元のお話を読んでから、企画分を読んでもらうとかなり変わっていることがわかると思います。逆でももちろんわかります。明らかに違いすぎて、自分でもびっくりです。
他人様に細かく指摘してもらうことってあまりないですよね。感想じゃなくてそれも校正で。プロじゃないんだから当然なんですが、結構正直きつかったです。
でもその分出来上がりは驚くほど違います。
そういう意味でもこの企画は面白かったです。
ちょっと人が集まりきれず今回が最終号にはなってしまったんですが、最初から関わらせてもらってて、本当によい企画に関われたと思います。校正はあまり役に立てなかったんですけど、それでも物書きとして絵師として参加できて本当に楽しかったです。
いやー本当この企画に参加した後から校正の大事さを感じました。自分、表記揺れとかかなり多いことにも気づいていなくて、ダメダメだなっていうところがよく見えてしまいました。
指摘されると頭にくることもあるんですけどね。校正者が数人いらっしゃったので意見が対立してたりで困ることもありましたが、それだけ人によって解釈があるということです。自分はこういうつもりで使っていると思っていてもうまく伝わっていなかったり、違う風に受け取られていたり。それをきちんと直さなくてはならないなというのは感じました。うまい表現なんて見つからないこともあるんですけど、こうしたらどうかなと意見を出して頂いたり、嬉しかったです。

ということで、皆さま、ちょいとどれだけ違うんよと思いませんか?
いや本当に違うんですよ。
出来れば比べてみて欲しいこの違い。
他の参加者様の作品共々是非楽しんで頂きたいです。
宜しくお願いいたします!

忘れてたー

昨夜短編更新しましたー!
見上げる春に君の笑顔を
アンソロジーの「もしそば」にて掲載していた作品です。ちょっと時期外れではありますが、ある親子ともふもふのお話です。いや、子どもがこれは楽しかったです。

更新もしたが

ええと見たらわかると思いますが、サイトの表示がなんか変わってます。
変えたかったわけじゃないんですが、なんというか更新につかってるソフトが新しくなっていてその操作を誤った。そのためまずサイトトップが消えた。
すごい焦りました! 本当焦りました!
以前エイプリルフールの企画の時に使ったのが残っていたので慌ててそちらからとりましたよ。企画色々やっててよかった。とりあえずなんかサイトが色々変になってますが、のんびりなおしていきます。

そんなわけで「はじまりの魔法使い」16話目更新です。
こっそり衛星三部作も増やしております。実はリンク切れていたので。

とりあえず今日はそんなところです。

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。