日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPスポンサー広告 ≫ 看病バトンTOPバトン? ≫ 看病バトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

看病バトン

こんな所でなんですが、すみさんsweetseason完結おめでとうございます!
今未読部分をもくもくと読んでいます。わーい、楽しみー!
そしてバトンもありがとうございます。
思い切り襲ってやんなさい的な配役に笑いました。

というわけで看病バトンです。

「チョコ」ネタバレ注意?



【看病バトン】


【伊崎】が風邪引いちゃったよ。
なんかもうインフル並に辛そうなんで看病してやってください。お願いします。
風邪引きさん→伊崎セイ
看病する人→宮田

○風邪引き【伊崎】が目の前に。
「きついなら、きついって言いなさい。会いにきてくれるのは嬉しいが、それで倒れられたら意味がないだろ」
「………(これくらいなら大丈夫だと思ったのよ。怒らなくてもいいじゃない、と言いたいがぼうっとして言葉が出ない)」
「……それは卑怯と言うんじゃないか」
「……え?」

宮田は火照った顔の伊崎に色気を感じて悶々としてればいいと思う。

○【伊崎】の額がうっすら汗ばんでます。
「あー、熱が上がってるみたいですね」
「………」
「冷えピタとかなかったかな」
「………」
「……セイ?」
「はい?」
「あ、起きてた」

伊崎は静かに眠りたい。宮田は一人で喋るのがさみしい。

○あなたの前で【伊崎】がよろけてしまいました。
「こういう時こそ俺に頼りなさい」
「……肩だけ貸してください」

そう言わないと姫抱っこで伊崎を運びそうな宮田。でも伊崎はそれが恥ずかしい。

○どこで介抱しよう?
「もちろん。うちに」
「ええ?」
「嫌なの? さすがに病人に変なことしないよ。でもセイが俺の目の届かない場所で苦しんでるのは俺がつらいんだけど?」
「そ、そういう言い方は卑怯です」

まあ、当然宮田は連れ帰るだろうなあと。でも伊崎的には余計熱上がりそうなんで困るという。

○【伊崎】に病人食作ってあげて。
「風邪といえばおかゆだな」
「先生、作れるんですか」
「心配するな。市販のものを使う」
「それなら安心です」
「そこで安心するな」
***おかゆが出来たよ***
「出来たぞ。ほら、あーん」
「………」
「食べないと元気になれんぞ。ほら、あーん」
「えっと……」
「それとも口移しがいいってのか? セイも大胆になっ」
「食べます! 食べますから!」
「じゃあ、あーん」
「……あーん……むぐ」

きっと笑顔だ、宮田。

○苦い飲み薬を【伊崎】が嫌がっています。
「苦いの嫌です」
「嫌じゃない。飲みなさい」
「甘いお薬がいいです……」
「はあ?(熱で幼くなってるのか?)本当に珍しいな」
「甘いのがいい」
「甘いお薬ねえ。セイが望んだんだから文句はないな」
「え?」
「では、いただきます」

伊崎の熱が1上がった。

○看病していると、トラブルメーカーの第三者が現れました。
「あー! 部屋に伊崎を連れ込んで、何やってんだ。こんな昼間から!」
「……御堂先生、何でいきなり」
「お? あ? もしかして風邪か、伊崎?」
「はいー、実は」
「そっかー。熱の時はきついよな。体は寒いんだか熱いんだかわかんないし、ぼーっとするし、大丈夫か?」
「えっと、何とかだいじょう……」
「風邪ならこれがいいぞ。リンゴだ。実家から送られてきたんで持ってきたんだ。摩り下ろしてやるから待ってろ。宮田、摩り下ろすアレ、なんだっけ? じゃなくてどこだ?」
「おろしがねならキッチンに」
「そっか台所か。待ってろー、伊崎。すぐに元気にしてやるからな」
「ちょっと待って、そっちじゃなくて」
「え? 何処だ?」
「あー! 棚の中身を出さないでください」
「何処だー、何処ー? リンゴおろしー」
「だから流しに掛かってますから、棚にはないですって」
「こっちかー」
「ちょっ、勝手に冷蔵庫あけないでください! あんた確信犯でしょ!」
「あははー」

「……大丈夫、じゃないみたいね」

○【伊崎】が退屈そうにしています。
「暇なのか」
「ちょっと」
「と言ってもなあ、この部屋特にないし。寝てるのに起こすわけにはいかないし」
「本とかないですか?」
「うーん……数学の問題集なら、あるぞ」
「……あたしの頭ショートさせる気ですか」

宮田って本読みそうで読まなさそうです。

○お風呂はどうしましょうか。
「汗がすごいな。軽く風呂で温まるか?」
「え? いや、あの、それは」
「心配するな。俺がちゃんと洗ってやる」
「や、あの、それなら一人で! あたし一人で大丈夫ですから!」
「何言ってんだ。ふらふらのくせに。いいから遠慮するな、服を脱ぐのも手伝ってやるよ」
「きゃあー! いいですいいですいいです嫌ですー!」
「……泣くほど嫌か。ちぇ」
「先生のばかあ」

宮田は積極的すぎると思うよ。下心ちょっとは隠せ。

○「早く治るおまじないをして」と【伊崎】が言いました。
「時にはかわいいことを言ってくれるな」
「う、ちょっと口が滑っただけです」
「何言ってんだ。褒めてるんだ。こんなこと言ってくれるんだったらまた風邪引いてもいいぞ。ちゃんと看病してやる」
「い、いいから、気にしないでください」
「無理無理。おまじないしてやるから目を閉じろ」
「ふえ? ……んん」

「さすがに俺が風邪を引いたら看病してやれないからな。おでこで我慢してくれ」

○【伊崎】がうとうとし始めました。
「眠いのか? 寝ていいぞ」
「んー……」
「……寝た?」

その眠った伊崎の頭を撫で回してたりするんだろうなあ。

○【伊崎】が手を繋いで欲しいと言いだしました。
「セイが言うならいつまでだって繋いでてやるよ」
「………(恥ずかしいことをお願いしたと後悔中)」
「恥ずかしく思うな。病気になるとわけのわからない不安にかられるもんだろう。俺は此処にいるから、安心しろ」
「……ありがとう」

書いてる私が一番恥ずかしいよ。

○完治した【伊崎】に一言。
「よかったな。これで思う存分色々出来るな」
「ええと、その節は御迷惑お掛けしました」
「いいや。熱にやられてるセイも時にはいい」
「……はあ」
「ところで色々出来るって意味、わかってるのか?」
「え?」

色々は色々。頑張れ伊崎。負けるな伊崎。

○次に看病する5人。看病する人と風邪引きが交代しても面白いかもです。


良崎さん 風邪引きさん→聖 看病する人→澪さま
佐東さん 風邪引きさん→桂木 看病する人→峰藤
橘高さん 風邪引きさん→エド 看病する人→リン
あずささん 風邪引きさん→葉 看病する人→大樹
さだかさん 風邪引きさん→リリィ 看病する人→マイル

うーん、お忙しそうな方もいらっしゃるんですが。もし気付いてやってくれたら嬉しいです。というかね、見るからにうわーな組合わせにしてしまったのが二組ほど。ごめんなさい。でも見たい。

しかし「チョコ」の二人書いたの久々すぎてのりを忘れていた。書きながら思い出してたよ。のってくるとこの二人は楽しいです。

Comment

わーい♪
編集
良崎さん、バトンキャッチさんきゅですー。
今回本編後を設定に書いてたので、宮田はもう好き勝手やってます。きっと素面だったら伊崎も負けてないんだけど、今回は分が悪かった模様。心配しながらも隙を探す宮田と世話焼かれながらも油断出来ない伊崎という変な図に。
楽しんでもらえたようならよかったです。

良崎さんの回答も見に伺いますねー。楽しみー
2010年02月07日(Sun) 01:58
バトンいただきましたー
編集
恵陽さんの回答が楽しすぎる……!
溢れ出る下心に笑わせていただきつつ、悶えました。
頑張れセイちゃん、頑張るな先生、としか。

こちらも答えさせていただきました。
看病されつつ突っ込みを入れ、余計に疲れる聖になりました(笑)
2010年02月07日(Sun) 00:34
楽しかったですー
編集
すみさん、こちらこそバトンありがとうございました!
久しぶりのあの二人が書けて楽しかったです。そういえばバレンタインですね。丁度良い時期でもあったのかもしれません。バレンタインから始まった二人ですし。

さて宮田と伊崎とあの二人に悶えてくださったと、ありがとうございます。書きながら恥ずかしくてたまりませんでした。でも書いた甲斐がありました。じたばたするすみさんに感謝ですよ。宮田はあのあと色々やってそうです。「頑張れ、伊崎」が本気になってそう。

すみさん宅で零していった言葉に関してはあの、まだ本当読み途中なんで大きなこと言えない。でも読了したらちゃんと感想送らせて頂きますんで。ゆっくり待っててください。
あの作品は本当長いこと気になっていて、落ちてた時も覚えていた話だったので完結まで出来て、それを読めることが嬉しくてたまらないです。
一も二も波乱がありそうな二人の道行きをじっくり堪能させて頂きますよ。

では改めてバトンありがとうございました。
2010年02月03日(Wed) 22:39
ありがとうございますー
編集
佐東さん、バトンキャッチありがとうございます!
そして実はうわーな組み合わせです。ごめんなさい。
最初はちゃんと「私」と桂木か峰藤をと思ったんですけど、それって「私」がいつも受けてる状況と変わりないな、と。そこで何故か男二人に走ってしまいました。でも考え出したら気になってしまって、バトン楽しみにしてます!
あと感想と呼べるような感想でもなかったんですが、やっぱワタカレ好きなんで。楽しかったです。
2010年02月03日(Wed) 22:27
バトンありがとうございます!
編集
こんにちは!お邪魔していますすみです
バトン受け取って下さってありがとうございますっ
このバトンを見た瞬間、チョコ~のお二人に回すしかいないだろ常識的に考えて…と迷わず指名させて頂きました
いえほらバレンタインも近いですし!
…今更どんな言い訳をしても私の下心はばればれですね…はい。宮田せんせといい勝負
反応ないと寂しくなる宮田せんせに萌えましたwかわいすぐる
そしてなによりセイちゃんにもだえました…!
思わずPCの前で足をじたばたさせてしまいました せんせよく我慢した!(笑)
半年、いえ一年分、それ以上の萌えを補給させてもらいました
ありがとうございます!

拙作へのお言葉もありがとうございます…!
おかげさまでなんとか終わることが出来ました
読んで頂けていることがもう本当幸せですので
お時間のあるときにお暇つぶしにでも…!してもらえたら嬉しいですv

色々とお話したいことがあるのですが
長くなってしまいそうなので後日改めてメールさせてください
本当に長々と失礼しました
バトンありがとうございました!
2010年02月03日(Wed) 21:33
もしかして…
編集
恵陽さん、こんにちはー!
バトン有り難うございます! というか、見るからにうわーな組み合わせは、拙宅のコンビですね(笑)!? だって、私もうわー思いましたもん。なんというお腹壊しそうなコンビだ……でも頂いたからには全うするのがポリシーなので本気で答えます。頂いていきます! ありがとうございました! そしてこんなところでなんなのですが、すごく嬉しい感想も有り難うございましたーー!!!! 寿命伸びました!
2010年02月03日(Wed) 15:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。