日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPスポンサー広告 ≫ 『シャーロック=ホームズ』TOP感想 ≫ 『シャーロック=ホームズ』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

『シャーロック=ホームズ』

見てきました~。
あはははは、なんというか観終わって明確な感想が出て来ませんでした。やあ、でも楽しかったですよ。
原作も読んだことないし私のホームズに関する知識は某ウェブ漫画さんとこのホームズによる偏った知識しかないんです。そういうホームズでいくんだね。なるほどー、という感じです。
と、いうことで以下から思い切りネタバレ感想を…。



えー、何から語ればいいのかな。
私の彼に関する知識は上で語ったように某サイトさんで描かれた人物像でインプットされているんですよ。いや、だってあそこの漫画はうまい上に面白いんです。まあそれはそれとして、なので今回映画見て、多少の違いに驚きを感じました。まあ当然ですね。
それにしてはかなり映画のホームズはかなり武闘派でした。でもヘタレ。そしてワトソン君は意外に豪快で男前。ドアぶち破る所にえ?と思ったよ。友人を非難しながらも手伝って庇って、すごいいい人。そして強えー! あんなに強いんですか、ワトソン君って。びっくり。
ホームズはなんていうかね、機転は利くんだけど気配りが足りない人でした。まあ、それはおそらく原作でそうなのかな。探偵としては推理力はやはり随一なんですが、他の人に対する配慮が足りねえ。だがそこが可笑しくてさ。ワトソン君が目を放した隙に二階から飛び降りる彼に噴出しました。そして放電機を持つ彼が玩具を手に入れた子どものように見えた。だがヘタレ。ワトソン君いなかったら何回死んでるんだかと思ったよ!
レストレード警部もいい味出してた。や、途中うっかり騙されかけたけど、よいね。

しかし最後、ちゃんと親玉というか彼が出ないのはやはり続きがでるのかな。てっきり彼まで行き着いて、対決して終わる形になるのかと思っていたんだけど、そうではないのかあ。
うむー。まあ、彼が誰かはわかっていたんですが、それでいいのか。此処から更に話絡むのかなと思ったらもう時間ないしねえ。やっぱ続きになるのかな。

まあ、そこそこ楽しめましたのでよかったです。
や、ホント突込みどころが満載で。不憫なホームズ、情けないホームズ、犬を可哀想にするホームズ、変態に間違われるホームズ、一人保釈されないホームズ、ワトソンの婚約者に嫉妬するホームズ、とかとかとか笑いました。楽しかったです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。