日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPバトン? ≫ 翻訳バトン

翻訳バトン

またかよ! 昨日も昨日でバタバタしましたが今日も今日とてバッタバタ。そんな面倒なもの持ち込むなよ。


と、まあ愚痴は置いといて、今日は先日頂いたバトンに答えようと思います。こんなバトンあるんだー。一体誰がこんなバトン群を発信しているのやら。
sharshaさんから回ってきました。

それでは行ってみましょうか。翻訳バトンです。



【翻訳機能バトン】
⇒質問内容に対してまずはフツーに答えるわけです。そしたら、それを翻訳サイトで英文に変換。そんで、その英文を日本語に翻訳するわけです。自分の日本語がどれだけちゃんと文としてるか、ってことですね。あ、翻訳後にツッコミ入れてくださいね。ほいじゃ、やってみよー。おー。

1、最初は簡単に自己紹介をしてください。(まず最初に自己紹介をしてください)
(原文)
こんにちは、恵陽です。級友に暗い人かと思ったら面白い人だったと言われたことが忘れられません。
(翻訳後)
今日は陽性を賛美している。 考える時クラスメートで暗い人、それはおかしい人だったことを忘れることができないかどうか。

よ、陽性! そりゃ名前と認識されないだろうとは思ってたけどしかも賛美しているって何! 後半は文章としてめっちゃくちゃで逆に笑った。最期に「どうか」ってついているのが寧ろどうか。



2、突然大好きな人を教えて下さい (いきなりですが大好きな人を教えて下さい)

(原文)

好きな人ですか? では水谷豊さんで。大好きです!
(翻訳後)
それは好み人であるか。 そうYutaka Mizutaniと。 私達は愛する!

微妙に合ってるけど、合ってるんだけど。口調が変だよ。好み人であるかって、あるかって誰だよ。脱力……



3、最高は人のどこにありますか(その人のどこが好きですか)
(原文)
幼い時分から好きな人なので半ば条件反射でもありますが。でもどんな役でもそつがなくて、コミカルに演じられるところが好きです。巧いですよね。
(翻訳後)
好み量からの人であるので、若い中間の条件付き反射、しかしである時それ。 そうを使っておよびどのような部分の後に[そう]来ないこと[te]、私達がこっけいにされる場所を好むか。 それはよい、ある、考えないか。

……もはや文章として支離滅裂。私の日本語がおかしいから、ということだけが絶対理由じゃないと思うんだけどな。[te]が何を示しているのかが謎だ。



4、あなたは人と付き合いたいですか(あなたはその人と付き合いたいですか)
(原文)

付き合いたいというよりは、一緒にお茶でも出来たら最高。見てるだけでも幸せな気分になれる。
(翻訳後)
よりもむしろ茶との可能な一緒に均一である時、その連合あなたがほしい、最も高いの言う。 幸せな感じに慣らされることをちょうど見る。

ちょ、ちょっと何か色々混じってるよ、混じりすぎだよ!せめて後半はきちんとした文章になるかと期待しただけに突っ込みてー



5、人は突然あなたの部屋にそれを送って私が「今日からここに住んでいます」と言いました。どのようにあなたは持ちますか(その人が突然あなたの部屋に来て「今日からここに住む」と言いました。あなたはどうする)

(原文)

ええ! 狂気乱舞します。私を昇天させるつもりですか。実際にそんなことが起きたら、やっぱり向かい合ってのんびりお茶でもしたいですね。
(翻訳後)
取得の取得! あなたが荒々しく踊る精神異常。 それは私を渡すことの意思であるか。 実際にそのような事が起こるとき、結局、直面して茶、すねと自由そして容易にあることがほしいと思いなさい。

「Obtaining obtaining!」が「ええ!」になるようですね。ここもちゃんと英語に変えられるのかとそこにびっくり。でも更に訳すと訳のわからんことに。狂喜乱舞は何となくわかります。容易にあることって何?



6、大好きな人は、どうか、よいようである人に、この棒を渡しました。(このバトンを好きな人が居そうな人に回して下さい)

うむむ。どうしようかなー。
では、今回はこちらの方々に。気付いて且つ答えてくれる方がいましたらどうぞ。
さだかさん
蓬田ヨモさん。
森崎さん。
の三名の方に。どうでしょうか?




このバトン。思ってたより可笑しい。ちなみに翻訳はGoogleの翻訳を使ってみました。違うところだとまた違う訳が出来そうですね。
sharshaさん、バトン有難う御座いました。

Comment

どうぞ持ってってください
編集
森崎さん。
さだかさん。
どうぞ、持ってっちゃって下さい。

可笑しいですよね、これ。翻訳を翻訳しても元の文章の原型が分からないという可笑しさと恐ろしさ。でも妙な気迫がみえるという。書きながら自分で笑ってましたよ。
2007年05月17日(Thu) 21:07
こんにちは
編集
回してくださってありがとうございます。さっそくいただいて帰りました。
このバトン、面白いですね。自分でやってみても誤変換に笑えましたよ(笑)
2007年05月17日(Thu) 12:29
お、おかしい……!
編集
お邪魔してます。
そしてお腹を抱えて笑わせていただきました!
ダブル翻訳後の自信に溢れた口調がいいですね。「私達は愛する!」とか「取得の取得」とか。誤訳なんだけど誤訳なりにすごく力一杯主張されているのがわかって、胸きゅんです。
水谷豊さんは確かに素敵だと思います。私は浅見光彦が好きです。

バトンいただいていきます。ありがとうございますーv
2007年05月17日(Thu) 09:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31