日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPスポンサー広告 ≫ 小説書きさんを問い詰めるバトンTOPバトン? ≫ 小説書きさんを問い詰めるバトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

小説書きさんを問い詰めるバトン

ついったー見てたら皆さんがやっているようなので便乗。
しかし問い詰めるって、すごいバトンだな。



『小説書きさんを問い詰めるバトン』

1:小説を書く際、資料などは使いますか? 何を使いますか? (例:wikipedia、書籍名、etc)


実はあんまり使いません。自分でメモしてる設定とかは都度確認しますけど書籍とかウィキ使ってまで調べること柄があんまないですね。基本は経験とか知識を使って書いているような感じなので。
あ、でも人の名前とか調べたりしたことあるかな。「来客御礼」の梨花は調べたな。あと先日の短編で一応こういう病気があるのかなとかって調べたりはした。
どっちかってと、やっぱ記憶とかに頼ることが多いですね。

2:プロットやフローなどは用意しますか?用意するとしたら、どのように立てていますか?(例:メモ書き、StorYBook、etc)

最近はなるべくプロット作るようにしてます。が、面倒だったり短編とか思いつきで始めちゃうと作りません。頭の中だけでなんとなく思ってて無理矢理完成にいきつけます。それか途中で作ります。まあ、短編は十数枚とかならプロットナシの勢いで書くほうが早いんで。
初期は全然作ってない。ので「塔」とか「窓」とかも実はプロットないです。というかパソ自体がなくてあれは全部ルーズリーフにいきなり書いてたのが元だったりする。
プロットの立て方は、どういったらいいのかな。とりあえずネタ出しで科白や場面の一部が思い浮かぶ。それを膨らませてキャラかストーリーかどちらかを主体にして話の軸を回転させていきます。大体こんな話にしたいなっていうのが浮かんだら、ひたすら流れを追っていきます。場面、言わせたい科白、その場にいる人物、心情とか必要と思った分だけざかざか書きます。すっげえ適当なのに変に細かいのでプロット立てるだけで実は時間掛かるんですよ。時々科白だけの部分も出たりする。全部「言わせたい科白」で一話分終わるプロットとかね。あるよ。

3:小説を、どこかに投稿したことはありますか?

ええと、一応あります。まだしたいんだけど、時間がないれす。ネタ出しだけならしてるんだけど。

4:あなたの小説(文章)が一番影響を受けている作家さんを一人挙げるとしたら、どなただと思いますか?

これ、特にないというか。わかんないんですよね。単純に私が読みやすい文章を目指したらこうなったというような。でも昔よく読んでたのは田中芳樹さんと宮部みゆきさんですね。
影響は文章では受けてないかもしれないなあ。

5:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、一番好きな情景描写の言い回しを一つ、見せてください。(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

 窓の中では男がぼんやりと窓の外を眺めていた。視線が定まらず、靄が掛かっているような気分だった。それでも窓の外でのどかな天気は見て取れた。快晴だ。もはや感覚で晴れだと知っていた。そこに、不意に何かが雑じった。上から、上から、落ちてくる白いものに男は視界を定めた。頭がクリアになった。空から降ってきたものはこの街ではけして降らないはずのものだった。白い、小さな、花弁のように風に舞う、雪。街全体がざわついていたが、男はそんな喧騒など気にしていない。雪に古い記憶を呼び覚ましたのだ。そして誰にともなく微笑んだ。窓の外にいるであろう、少年に向けた微笑だった。


正直他にも好きなのあるんですが、今回は「夏の雪を夢見て」から一場面を。
「教室」の春篇の朝の冒頭も気に入ってるんですけどね。あとは「鳴く春」の帰郷のシーンとか。お気にです。

6:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、一番好きな心理描写の言い回しを一つ、見せてください。(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

 戻るから、と私は掌の奥で目を瞑った。ただ年齢のわりに元気だったから大丈夫だと勝手に思っていただけだ。ファーレンを出る前だって、注意していれば気が付いたかもしれなかった。けれど気付かなかった。それでも私は最期に立ち会えた。それは紛れもなく彼のおかげだった。
「ファーレンに向かう途中でこのことを知ったんだ」
 落とされた声は何の混じり気もなかった。
「そ、うか」
 私はどうにかして声を絞り出した。掠れている。
 会った時、既に私と判別は出来ていないようだった。たった数ヶ月の短い間に、簡単に物事は崩れていくのだと脆さを知った。妹が私の服の裾を力いっぱい握って、泣くのを堪えていた。私も泣きたいと思った。父母もイアも、泣けばいいと言ってくれた。だがその行為を私自身が許さなかった。
「誰かが、近い存在だった人がいなくなるのは哀しいね。でもね、その亡くなった人は、きっと一番自分を責めているよ。最期に会えればよかったって。伝えられればよかったって。だからシシィに会えて酋長は笑顔で逝けたんじゃないかな」
 なんで彼はまだ十五歳なんだろう。時々彼は私なんかよりとても大人な考え方をする。私のほうがよっぽど子どもだ。


一応少し変えてるんですが、完全にネタバレな気がする。まあ、これくらいならそんな大したことじゃないと思うけど。
「月をかかげて」からシシィ。此処はやったら力を込めて書いた記憶がある。こういうもどかしさを表現するのにうまくいくと、なんか嬉しい。

7:あなたの書いた小説に今まで登場した中で、好きな台詞を三つ、見せてください。(ネタバレしそうな部分は伏字などで構いません)

「それを無理やり付き合わせたお前が言うのか。もう片足だけでなく腕まで突っ込んでいる。アールルドの言葉ではないが、今更遠慮はなしだ。まだ聞き足りないこともたくさんある」 「月をかかげて」シシィ

「いいんだ。レアナの話を聞いてもらえた」 「左腕オリバー」外伝からフィロウ=ハインツ

「ただ生まれが違うだけで、ただ身体に差があるだけで、僕とあんたの間には月よりも高い壁がある。それは僕のせいでもない、姐さんのせいでもない。……あんたのせいでもないけど、あんたは、あんた達は知ってなくちゃならないんだよ!」 「夜の窓」シャッド

好きな科白ってどれだろうって考えてみたんだが、どうも仲間に引き入れる・引き込まれる科白とか好きらしい。
あと「窓」には結構私が言わせたいことを言わせていたりする。

8:あなたがこれから小説に書こうとしている台詞で、「今後の見所!」になりそうな意味深台詞を三つ、ここでコソッと教えてはいただけませんか?

「最初に原始に戻されたいのは、お前か」
「一緒に空に帰るんだよ」
「僕たちは何を知った気でいたんだろう。何も、彼が戦っていたことも知らなかったね」


まったくこの科白がでるわけではないですが、ニュアンス的に。

9:小説を書く時に、音楽は聞きますか? 聞くとしたら、どんな音楽を聞きますか?

最近は聴いてます。というか流してます。パソにいれてるのをランダムでかけてますね。
でも集中しだすと流れてるんだけど、全然音が頭に届いてな状態になります。

10:日々の生活で、「あのキャラならここはこうするだろう」「あのキャラならこれを選ぶだろう」といった妄想が展開されることはありますか?

これはあんまない、かな。

11:これから小説を書き始めようとしている方に、何かアドバイスがあればどうぞ。

どんな形であれ、とりあえず書いてみればいいと思います。短くても、長くても、未完でもいいんです。
書いてみて、自分の持つ文章や語彙がわかるというものです。あとどんなキャラが書きやすいのかも結構わかってきますね。心の赴くまま書いてみて、一日経ってから見直してみると自分の隠れた能力を色々発見できるかもしれません。
……なんて偉そうに書いてますが、まあ楽しんだ者勝ちですよ。

12:ありがとうございました。 もし良かったら五人くらいにパスしてはいただけませんでしょうか

奪っちゃったので、転がします。皆様どぞー。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。