日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPスポンサー広告 ≫ 【重要】OPPについて。TOP企画 ≫ 【重要】OPPについて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

【重要】OPPについて。

只今告知中の OPP-アザーズプロットキカク- ですが、ちょいと皆様にご提案です。

もしこれなら参加したいとかそういう方が一人でもいれば、一部門として追加しようと思います。
よろしければご意見くださいませ。

ご意見頂きまして実作部門開設致します。(2012/2/25)
詳細は以下の通りですが、企画サイトにも載せますのでそちらで詳細を改めてご確認ください。ご意見ありがとうございました!
ただ、実際開設はしたが期限になっても参加者がいない場合はこの部門は廃止とさせていただきます。ご了承ください。
またプロットありきの企画ではありますので、もし時間があって書けそうだという方はそちらで参加していただけると本当に有難いです。よろしくお願いいたします!



【追加提案項目】

□実作部門(仮)


□部門開設の理由
とある方より、プロット+自作+他人様プロット作品の三つを提出するのは厳しい。だが他人様プロットで作品を仕上げるだけなら参加できる人もいるのではないかと提案があったため。


□部門説明
プロットは提出できないが、他人様のプロットで作品を書いてみたいという方のための部門。
プロットと自作がないだけで、他人様のプロットで書く場合の規定に準ずる。実作期間、期限も同じである。またプロット提出者に他の方のプロットが確定した時点で、プロットは渡すこととする。


□参加について
プロット提出者が確定して組合せ発表の日までに参加申請をしてもらう。(6/4迄)


□誰のプロットか
1 参加申請をするときに、或いは出揃った時に指定してもらう。(指定は一回のみです)
2 こちらからランダムに当てはめる。

どちらか選んでもらいます。期日(6/4迄に指定がない場合は強制的にこちらで決めさせていただきます)


□実作部門だけの制約
・プロットをお渡しした後での参加辞退は受け入れられない。 【重要】
(出揃うまでに参加申請をしたが、辞退した場合は可)
・実作部門参加者が企画解散後も作品を自宅で公開したい場合、企画サイト及び原案提出者の名前とサイトをリンクすること。



□プロットも参加する方には
提出されたプロットを実作部門だけの参加者さんに提供するか否か、選択できます。
ですので場合によっては正規のプロット参加者さんには提供するが、実作部門には提供しないプロットができる可能性もあります。





以上が内容になります。
まだ提案の段階ですが、もしこちらなら出来るかもしれないと思う方がいればにこそっと教えてください。
いらっしゃれば部門を設立させることとします。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。