日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPメモ ≫ 月、完結しました!

月、完結しました!

月をかかげて」完結いたしました!

サイト始める前からのお話なのでホッと一息。
最後は駆け足で、またあっさりとした終わり方にはなってしまいましたが終わりの始まりを感じて頂ければ嬉しいです。




さて、後書きでもと思ったのですが正直なところもう書き終えたら書くことがないです。
この後はちょっとした後日談をいくつか書ければと思っています。
この人の話がみたいなーとかあれば教えて下さると大変うれしいです。

うーん折角だから主要人物たちについて語ってみましょうか?

まずグレース。
彼は初期設定では女性でした。名前が女性名なのはもしかしたらその名残かもしれません。
あんまり気にしてなかったんですが、そういえば名前変えなかったと気づいた。
彼はあのメンバーの中では一番主役といえる立場でもあるのですが、結構裏方仕事というか、押し付けられまくっているというか、苦労人です。
彼の神の性格はもっと無愛想で淡白なんですが、なんだかんだ人と過ごすうちに感化されたようです。

アールルド
最初は名前が違う名前でした。そっちも愛称は同じですけどね。
この子はすごく成長してくれたなあと思います。最初はただ腕の立つ人を、ということで入れたのに色々吸収していってくれました。成長著しい。
ざくっとはしてますが、人とかかわることが好きなので存外観察力に優れています。意外と普段から冷静ですが面倒になると投げます。

ユディ
一人くらい身分の高い人を、そして若い子を、ということで優秀な若手官僚です。
ユディは自分ではやさしくないと思っているのですが、そうではない。本当にやさしい子です。でもやさしいだけでなく、頑固で、譲らないところのある子です。イリスに対してが特に顕著でした。彼は助けたいと思った人を出来るだけ助けたいと思っていて、イリスはそれを傲慢と思いながらも救われていました。

シシィ
不運だと思います。実は色々有能なんですけど、それを活かしきれていません。主に私が。
まず薬師であること、そして剣の腕が立つこと、自治区での身分、また賢い事。万能に色々できるのですが、おかげで使われてます。
少し短気で、どうでもいいと思うととことん無視です。ですが結局見捨てることはできないのが甘い人間です。
あ、オマケ要素で、芸術方面に疎いです。絵とか歌とかすごく苦手。

こんな感じかなー。ユディの話とアルのイア話は書いてやりたいなーと思います。
それではいつかまた彼らに会えることを祈って。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31