日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOP携帯 ≫ お題

お題

本日は帰宅が遅いため携帯からです。んで塔のお題を。

勝手に自分お題

5、塔の騎士たち

あいつらって何なんだろう。
無理矢理連れていかれて、下手したら死んでたかもしれないのに俺の所まで来た。全員で考えて、動いて、どうしてそこまで出来るんだろう。
「こら!」
書類の束で頭を叩かれて、横を睨む。テトラだ。こいつも俺を憎んでて嫌ってるはずなのに、どうして俺に付き合うんだ。
「テトラ君、グンジ君が呼んでるよ」
扉の向こうから兄貴が顔を出した。
「ニロ君が怪我をしたんだ。今、レイダーがいないから、行ってあげてくれないか」
「……わかりました。ヨアヒム、その書類をじっくり読んでおけよ。では」
すごんで扉の先に去っていくテトラ。こうやって仲間に何かあると、助けに行く。どうしてだろう。
「ヨアヒム?」
微笑む兄貴に俺は視線を向けた。兄弟でもない他人を心配するあいつ。心配されるグンジに羨ましいと思ったのはきっと、疲れているせいだ。
「なあ兄貴、俺が怪我をしたら駆け付けてくれる?」
「もちろん」
躊躇いのない答えが嬉しい。
同じことを尋ねたら、あいてもそう言ってくれるだろうか。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31