日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPバトン? ≫ 物書きさんバトン

物書きさんバトン

バトンです。
皐月さまより頂きましたー。しかし、これ難しい。最後にそんなものがあるとはね。

それでは早速。



【物書きさんバトン】

条件
1.物書きさんじゃない方の回答は認めません。
2.包み隠さず、正直に話して下さい。
3.最後の質問は、各自でお題を決めて次の人に回すこと。
4.最後は五人にバトンを回すこと。

○あなたのお名前を教えて下さい(HNで結構です)

恵陽です。

○執筆歴は何年?

えーっと、五年くらい? でも執筆といっていいのか?

○何がきっかけで小説を書き始めました?

いや、大した理由はないです。時間があったというのと、一度書いてみたかったという本当に申し訳ない理由。むかーし友人がちょろりと書いていたことも影響されてるかも。

○最初に書いた小説は、どんな話ですか?

少年と死神と幽霊のお話。そのうち作り直して出す予定。でもあくまで予定。

○好き、または得意なジャンルは何ですか?(ファンタジーや推理小説など)

気に入れば何でも読みますが、恋愛メインじゃなくて成長とか家族とかそういうものを含んでいる方が好きです。あと普通に笑えるものが好きなので、私が持っているものは笑えるものが結構多かったりする。
書くのに得意なジャンルはこれと胸張って言えないなあ。恋愛ものはでも苦手です。

○NL・BL・GL、どれが一番好きですか?

NLで。

○小説を書く際によく使う人称は?

基本は「私」「俺」です。でもキャラの性格や年齢などに合わせて変えたりします。あとキャラ多いときはひらがなやカタカナにする。

○小説を書く際にプロットは立てますか?

私の場合書き方が特殊なんじゃないかと。決めて書いても大体逸れるので、長編は特に初めの一話を何も考えずに書いてみる。思ったままに書いてみて、そこからちゃんとした枠組みや人物造形を作成するかなー。「窓」は初めちゃんと立てたんだけど、無理でした。

○オリジナルのキャラクターがいれば、その人の詳細プロフを教えて下さい(差し支えなければで結構です)

えー、それは面倒なので割愛です。何人いるんだよ。

○小説を雑誌等に投稿したことはありますか?あるのなら、その時の評価は?

ないですー。出せるほどの技量はないですしね。

○携帯・パソコンに入力しますか?それとも紙に書きますか?

学生ん時は紙でした。「塔」と「窓」と「月」の途中までは紙です。あと「教室」の原話も紙ですね。それ以降はパソコンで打ち込み。

○大人な文章、書いたりします?

無理。難しいよ。

○主人公のタイプはやんちゃ派?それともクール派?

主人公が一定していないので、答えにくいですがどっちかと言うとクール派かな。やんちゃ派……グンジはとっても書き難かった覚えがあります。

○逆にヒロインのタイプは元気っ娘派?それともおとなしい、またはお姉さん派?

ヒロインもどっちもいるんですが、個人的には元気っ娘が好き。お姉さんは無理だ。

○凸凹コンビって好きだったりします?

大好き。

○脇キャラにするならどんなキャラが良いですか?

ひそかに主人公の支えになってくれるキャラ。別名影の実力者で。

○文章中に記号や絵文字を使ったりします?

エクスクラメーションマークとかクエスチョンマークなら。あとは場面転換にアスタリスクとか? てか顔文字とか絵文字って読めんだろ。

○基本的に貴方の文章は長い?短い?

短いと思います。

○小説のネタはどんな時に浮かびますか?

一概に言えませんが、ぼんやりしている時に。

○貴方にとって小説とは何ですか?

う、すみません、ストレス解消です。そんで普通に趣味です。

○【小春日和】をお題にして500文字以内でSSを作って下さい。


 寒い寒い冬の最中にも、暖かい日がある。

 季節は初冬。曇り空の続いた中での晴れた空を仰いだ。私はホッと息を吐く。前日より気温は高くても手はやはり冷たくて、手袋を恋しく思った。
「おはよー」
 手を拝んでいると友達が背後からやってきた。
「おはよう」
「今日、あったかいね」
 友達の手が私の手をぎゅっと握った。顔を合わせて笑いあう。
「うん。あったかい」
 私と友達の体温が混ざっていく。太陽と友達のあたたかさが私をぽかぽかにする。

 本日、小春日和。 


○このバトンを回答が聞きたい5人の物書きさんに回して下さい。

結構回っているようなのでスルーで。




小春日和の題目で書いた上の話ですが、文字数調べたら半分も使ってないや。自分短すぎですね。

Comment

No title
編集
皐月さま、おめでとうございますー!
あの最後のSSがやっぱり難しかったですね。500文字と制限ついていたので短くを呪文に書いたらあんな感じになりました。
時間に余裕が出来次第またうかがわせていただきます。
こちらこそ今年も宜しく御願いします。
2008年01月06日(Sun) 19:39
No title
編集
あけましておめでとうございますー、皐月です。
バトン回答、ありがとうございましたっ! なかなか難しいバトンでしたよね。最後のSSとか。500文字と限定されると、なかなかそこまで至らない私です。

恵陽さまが最初に書かれた小説に、とっても興味を覚えつつ。本日はこの辺でー。
本年も、どうぞ宜しくお願い致しますv
2008年01月06日(Sun) 18:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31