日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPバトン? ≫ 極限まで親馬鹿になりきって地作品を語り倒すバトン(三回目)

極限まで親馬鹿になりきって地作品を語り倒すバトン(三回目)

本文書く前に間違って保存したらしい。見た方混乱させてすみません。

今回は三回目のこのバトン。さだかさんより頂きました。まさか蓬田さんに回した分で返されるとは思わなかった。のん気に見てたら、うひいとなりました。例のごとく親馬鹿になってないバトン回答です。

追記:しかも作品名入れてなかった。すみません。今回は「サーライズの三角塔」です。
では改めてどうぞ。



【ルール】
もとから親馬鹿の方もそうでない方も、
極限まで親馬鹿になりきって自作品を語り倒して下さい。
連載中でこの先のネタバレになりそうな項目はぼかし&スルーOKです。
一度答えた人に回すのは、指定する作品が違えばOKです。


■いつごろその作品は生まれましたか? 構想はどれくらいですか?
構想自体は「月」より後ですね。それでも四、五年前かな。

■どんな話なのかご説明を
北端の街シャインフロウ。その街外れに佇む塔には年若い八人の男女が住んでいた。彼らと街の未来を掴むお話。
……で、いいのかなあ。どうも作品のあらすじをどう表現すればいいのかいつも迷う。

■この作品で描きたいもの、キャラ等はありますか
最初に完結させた話なんで結構色々いれました。キャラは自分が書き分けできるのか、どういった性格が書きやすいのか、実験的な意味もあったんで。これを書き始めた時はとにかく皆で力を合わせて何かする話を書きたかったんです。

■この作品の好きな所など
真面目な問題を皆で解決しようとするところ?
主に解決しようとしてるのは年長組なんだけど、話し合って物事を進めていくというのが好きです。あと、単純に彼らを書くの楽しかった。

■設定などで気を付けた所
性格が被らないように振り分けるのが大変だったような。アークは肩書きの聖女とは正反対のイメージになるよう気をつけました。

■特に力を入れた(入れる)、または好きなシーン
悩むー。結構どのシーンも愛着があります。うむむ…
メイスン・レイダー・アークによる情報収集喜劇は楽しかったな。あとザビアに兄弟に関わるシーンとか。それぞれの心情を織り込んだところは力入ってたよ。

■その他、作品内でこっそりこんな事がやりたかった(やりたい)というのはありますか
番外編に入れてないんですが、メイスンの塔に来る前の話とか入れたかったんですよね。あとテトラとヨアヒムの確執をもうちょっと加えたかったなー。そのうち書こうかな。

■作品にオープニングテーマ、エンディングテーマ、挿入歌をつけるとしたら
前二回のバトンでも悩んでましたが、この質問ホントにむずいんですけど。普段曲聞きながら書いたりしないからなー。

■この作品内で一番気に入っているキャラと、その理由
レイダー。ごめん、すごく好き。単純にみた性格が好きなのもあるけど、まとめ役として重宝。

■この作品内で一番好きなコンビまたはカップリングと、その理由
実はアークとカーツェのカップリングが好きです。アークはシェリング大好きっ子で、カーツェもシェリングの大親友で、二人でこっそりシェリングを愛でる会とか発足させてるといい。互いに意識したら普通に可愛いカップルになりそうなので好きです。
コンビならテトラとメイスン。一見何でも出来そうで出来ないメイスンと、そこを厳しく指導するテトラが楽しい。テトラは自分にも他人にも厳しいんですよねー。

■この作品内でこっそり推したいキャラと、その理由
クアン。この人、エピローグまで見た方はわかると思いますが、めちゃめちゃ運がないです。でもそれは周囲からの判断であって、彼自身は自分を不運だとか不幸だとは思ってません。昔は思ってたかもしれませんが、幸せに思おうとする姿勢がいいです。

■キャラクターの声イメージありますか
キャラが多すぎる。パス。

■その他、ここがオススメ! 誇れる! というポイント
えーと、一応完結作です。……じゃあ、駄目?

■この作品がゲームになるとしたら(ジャンル、会社等)
ゲームになるとしたら? アドベンチャーか? 謎解きとか含んでて選択間違えると塔から脱出出来ないとかどうだろう。

■この作品があにめになるとしたら(時間帯、会社等)
むしろアニメにはならないんじゃないか。健全な話だから夕方でもいいかもね。

■別の表現媒体(小説は漫画、漫画は小説、ゲームは小説か漫画等)になるとしたら(描いて欲しい作家さん、出版社等)
うーん。わからん。

■その他こんな展開を夢見てみる
↑の質問かいてたらなんかしたくなるじゃん。わきわきと。

■この作品関連で1つだけ願いが叶うとしたら
皆さんの目に留まることが出来たら幸いです。

■次にバトンを回す人(作品の指定つきで)
今回はアンカーで。

Comment

編集
こんにちは、さだかさん。
バトン頂きましたー。
メイスンの話というか、彼だけでなく他の面々も塔に来る前の話が書いてみたいですね。
ちなみに塔のゲームってあるなら普通のRPGではない気がして謎解きかなあと。
楽しく答えさせていただきました。
有難うございました。
2008年02月10日(Sun) 17:42
編集
こんにちは、さだかです。バトン回答ありがとうございます♪
うわー、ゲーム化の構想がメチャクチャ楽しそうです。ミステリとか大好きなので、「塔」のアドベンチャーがあったら絶対買いますよ。
それと、メイスンが塔に来る前の話が出るのを密かに期待しています。メイスン大好きなので彼が主体のお話が読めるかもしれないと思うと嬉しいです♪

それでは改めまして、回収してくださってありがとうございました!
2008年02月10日(Sun) 17:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31