日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOPバトン? ≫ 物書きさんに突撃してみるバトン

物書きさんに突撃してみるバトン

今回はバトンですー。
最近ニッキに書くことがないので助かりました。すみさん感謝。

という訳ですみさんから頂きました。
【物書きさんに突撃してみるバトン】~私流小説の書き方~

前に似たバトンを答えた気もするけどまあ、気にせず。




【 はじめましてこんにちは!突然ですが、あなたのHNと物書き歴を教えて下さい。】
HNは恵陽です。物書き暦は四年は経ったかな。そんなもんです。


【今日は御指南よろしくお願いします!】
いえいえ大したことは出来ませんが。寧ろこちらがご教授願いたいところです。

【あなたが小説を書く「手順」を、下の括弧内の言葉をできる限り用いて詳しく説明して下さい。
(ストーリー構成・世界観・登場人物・書き出し・伏線・エピソード・台詞・エンディング・推敲・テンポ・タイトル)】
これは作品によって書き方がだいぶ異なるので一概には言えないのですが、まあ大体でいって見ましょう。
ストーリー構成とか以前に私が話を思いつくときは大抵頭の中にあるフレーズが浮かんだ時です。そのフレーズは誰かの科白だったり、詩的なものだったり、様々ですがそのフレーズから話を広げていこうと考えます。
短編の場合はどんな話がよいかざっと頭の中で登場人物と話の流れを考えて、そこからはもうすぐさま執筆モード。書き始めます。結末とかはあまり考えず勢いで大体書きます。科白の中に最初に思いついたフレーズを盛り込んだりすることもあります。伏線は入れられそうなら入れます。書き上げて誤字脱字や、文章表現を推敲してあとはすぐサイトにあげちゃいます。書いてる時は色々考えてますけど、下書きとかしないので一筆書きに近いですね。
長編の場合は世界観が異世界の場合はメモとして注意点を書き出しておきます。登場人物も主要な人物は年齢性格容姿など特徴を簡単に作っておきます。あとどうしても書きたい場面や入れたい科白は忘れそうなのでどこかにメモしておきます。すぐ忘れるんで、私。最終的な結末はこの時点ではかなり曖昧です。大体こういう感じ、とかそんなとこ。で、そこまで出来たら一話目を書いてみます。
一話目全部じゃなくてもいいんです。ちょっとだけ話全体の雰囲気がわかればいいくらい書いて、そこから細かな肉付けをしていきます。一話目は話の方向性を定める為に書く形が多いです。で、細かく流れが決まったらそれに沿うように書いていきますが、私の場合当てにならないので細かい部分は結構変わっていきます。というか長くなって変えざるをえなくなることが多いんですよ。まあ、微修正加えながらとにかく書きます。伏線は作ろうと思って作っているわけではなく、書いてる時に「ああ、これは後で使おう」と思って文章の中に含ませておくことが多いです。エンディングやエピソードは一応考えて書いていますが、エピローグは書き終えて必要な場合にいれますね。
作品のテンポは一話目を書いた時に決まります。シリアスならシリアスに、ほのぼのならほのぼのに、コメディならコメディに。実際に筆にのせて見ないとどんな話になるかわからないといういい加減さ。でも本当に文章にしないとどうなるかはわからないんですよ。変な書き方ですみません。
あとタイトルですが、これはすぐ決まる時も悩む時もあります。大体浮かんだフレーズからつけるか、雰囲気を合わせるか。私の場合は大抵そのままのタイトルがついてます。「月」とか「窓」とか「塔」とかもろそんままですよ。でも分かりやすくていいかと思うんですが、どうでしょう。

【小説を書く際に心掛けている事は何かありますか?】
やっぱり誤字脱字でしょうか。見直しはしているのですが、まだありますね。しかもサイトに上げてしまうとなかなか気付かない。困ったものです。
あとはリンク貼り漏れかな。これもよくやります。

【あなたの小説中での、「風景描写:心情描写:台詞」の比率を教えて下さい。】
えーと自分じゃよくわからんのですが、科白は多いと思います。作品によって違うんだけどな。科白全くなしの短編とかもあるから。
んー、2:4:4くらいか? 3:3:4か? そんな感じです。

【一人称と三人称、どちらが書き易いですか? また、それはなぜですか?】
どっちも書きますが、その作品にはどっちが合っているかを考えます。一人の心情だけを追っていく方がよいのなら一人称。明るい話も暗い話も短編は一人称が多いですね。それは複数の視点で書く必要がないからです。短い中で分かりやすく事を進めるなら、私は誰かの視点で進んで行く方が読みやすいと思うので一人称を多めにしてます。あと特定の名前をつけない場合もその彼、彼女より私、俺の方が感情移入しやすいんじゃないかと思うんで。
三人称は複数の視点から話を見て行きたい時に。「塔」はこれですね。あれは一人の主役を選べなかったので必然的に三人称になりました。
ですが私の場合一人称で人物を変える方法を多くとっているので一概にどっちと言えません。「月」は心情を入れたいけど四人ともをメインにしたいから視点転換方法をとってます。「窓」は立場の差を出したかったので章ごとの変えました。ややこしくてすみません。

【影響を受けた作家さんは居ますか?】
いますよー。プロでもアマでもたくさん。アマというかネット上の作家さんには刺激受けまくりです。そもそも私が物書きをしているのはネット小説に出会ったからですから。

【好きな本を挙げて(何冊でも)、その作品の素晴らしいと思う点を語って下さい。】
無茶言わないで下さい。好きな本なんて、ありすぎです。

【そもそもあなたが小説を書き始めたキッカケはなんですか?】
時間があったというのが一番の理由かもしれません。学生時代空いた時間が暇だったんですよ。それに興味ももともとありましたしね。

【あなたが小説を書く時の環境は?】
音楽はかけませんが、テレビとかは付けっぱなしで。音楽はあると集中出来ないんですよ。そういえば試験勉強するときもいつも無音で勉強してました。まあ、集中するとどうせ耳に入らなくはなるんですけどね。

【作製ツールは、ケータイ派?PC派?それとも紙と鉛筆派?】
昔は紙と鉛筆でしたよ。携帯は最近はネタメモにしか使ってません。なので今はパソコン。ワードかメモ帳に書いてます。

【あなたの文章(≠小説)に、こだわりや特徴と言えるものはありますか?】
特徴はよくわかりませんが、とりあえず読みやすさは心がけています。あと長編に限ってはなるべく皆を幸せにする。

【ズバリ、あなたの小説は面白いと思いますか? その理由も教えて下さい。】
いや、どうでしょう。人によって評価は様々だと思います。視点転換とかオムニバスとかちょっと変則的なものばかり書いているので苦手な方もいるかと思いますよ。よってわかりません。

【「小説」において最重要事項は何だと思いますか?また、その理由も述べて下さい。(ex. 文の精巧さ、面白さ、ストーリー構成、キャラクター、等々)】
やっぱり面白さかなあ。

【あなたが「読みたくない」と思う小説はどんな小説ですか?】
ギャル文字とか絵文字が入った小説は読めません。見つけたら即行で帰ります。

【以下の言葉を作中で使うとしたら、あなたはどう変換しますか?】
ウルサイ→煩い、うるさい
オレ→俺、オレ、おれ どれも使いますよ。基本は左から順に書き分けで。
バカヤロウ→馬鹿野郎、バカ野郎、かな。
トニカク→とにかく
サスガ→さすが
ヨロシクネ→よろしくね

【真っ黒なワンピースを来た黒髪長髪の女の子が、暗闇の中、何かから必死に逃げています。この話を好きに解釈して、小説の一節として文を作って下さい。ただし、「漆黒」という言葉を使ってはいけません。】
その子が逃げているのは、何からだろうか。
怪物からだろうか、おばけからだろうか、それとも彼女にしか見えない何かから、だろうか――?

これだけじゃ駄目っすか? 黒髪の黒ワンピってベアトリーチェ思い出す。

【あなたの小説で、読む際に読者に注意して欲しい点、見てもらいたい点はありますか?】
んー、読んでいただければそれだけで嬉しいですよ。有難うございます。

【これからも小説は書き続ける予定ですか?】
私が書きたいと思ううちは書いていきますよ。少なくとも頭の中にある話をすべて形にするまでは書き続けると思います。

【いずれにしろ頑張って下さいね。…では最後に。あなたにとって小説を書く事とは?】
何度も言っているように、ストレス解消とか気分転換とか兼ねてますよ。
でもやっぱり好きだから書くんだろうなあ。

【ふぅ。お疲れ様でした!】
ええ、疲れました。ここまで読んだ方いらしたら、貴方もつわものですね。

【次にこのバトンを回す人を、何名でもいいので指名して下さい。(0?∞人)】
むー、この系のバトンは結構出回っているんですよね。なので今回は指名なしで。
もし答えるよーというかたいましたら、どぞ持ってっちゃって下さいな。


では、お疲れ様でした。真剣に書きすぎたわ。


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31