日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOP日常 ≫ 私ではなくて

私ではなくて

映画の話だけでも一時間くらいずっと文章書いてたんだけど、もう一個別に言わしてください。

昨日友人と話していたんですよ。
私はモラルハラスメントという言葉をあまり聞いたことがなかったんですね。セクハラとかパワハラなら知ってますが、それとは別です。どっちかというと会社の学校虐め版というか、イメージ的にはそんな感じなんですよ。ちゃんと調べてないから定義はすこし違うかもしれませんが。





普通に仕事が全然出来なくて怒られるのなら自分に問題があるんですが、そうでない理不尽なことで虐めを受けたことがある人が中にはいるかもしれません。例えば得意先からお菓子とかもらったけれどそれを自分だけもらえなかったとか。馬鹿馬鹿しい子供か、という虐めですがそれがモラルハラスメントの典型的な例らしいです。
正直に言って本当に馬鹿馬鹿しいと思うんですが、つかこういう話は聞いてて自分もイラッとするんですが、友人とそういう話してたら黙っていられんくなった。当館に来られる方にそういう経験をしている方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、でも言わせて下さい。あと仕事がうまくいかなくて自分に自信がなくなっている方にも一言。

そういうことで悩んでいる人って皆大体自分が悪いんじゃないかってドツボに嵌るんですよ。自分は何にも出来ない駄目な人間だって思っちゃうんですよ。一年位前の私もちょっとそんな感じだった。だけど絶対それ違うから。
仕事でミスしたらそれは確かに自分が悪いけど、それは直す努力をすればよいんです。前向きに次は同じ失敗をしないように気をつけていけばミスは減っていくし、他の部分でも注意力をもって仕事が出来るようになるはずです。だから自分のミスは認めてそれを超えるように努力していけばいいんです。
でも不当なことで指摘を受け続け自信がなくなった人は、努力しようがないですよね。仕事とは別のところで地味に暴力を受けたり、ねちっこく嫌味言われたり、駄目な人ではないのに「お前は駄目だ」と言われたり、そんなことされたら結構な人は自信がなくなります。でもそれ、貴方が悪いんじゃないですからね。上司に言いたくてもそれ以外ではいい人だからとか、変に相手のことを考えてはいけません。考えてたら自分がおかしくなるだけです。そのままいくと自分というものが軋んでいきますよ。

だから考えてはいけません。
それで体調崩したら新しく何かを始めることも出来ない。それじゃ貴方が馬鹿を見るだけです。何事も体が資本です。これ、私の中では真理だと思ってます。一番大事。体を壊すようになったらもう我慢しなくていいと思うんですよ。家族や友人から耐えろって言われても、無理でしょう。だって、もし一生ものの傷を負ったら、貴方が大変なんですよ。何も自分は悪くないのに卑屈になることもない。だから考えない。相手だって貴方のこと考えてないんですから。そういう人は自分のイライラをぶつけているか、誰かの上に立たないと気がすまない人が多い。それに一々付き合ってつけ上がらせてはいけない。それよりも貴方は自分のことを考えるべきです。
私は貴方が耐えて苦しむよりも、笑ってくれた方がうれしいです。

と、そういうことです。私のことでなければそんな気にする必要はないんですけど、そういう人がいるというのが腹立たしい。小さい時から人に対しては結構無関心ですけど、わけわからんグループ作ってそれで王様や女王様気取りな人見るとイライラするんですよ。つか本気で馬鹿馬鹿しいと思うんですよ。仲のいい子たちでグループ作るのはいいんです。実際私も趣味の合う人たちと一緒にいましたし、他のグループだからと敵視したりするんじゃないのでそれはそれで構わないんです。
問題はそういう行動を社会に出てからもする人です。はっきり言ってうぜえ。だから気にしないでいいと思うんです。

……全然一言じゃなくなった。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31