日向月光館

日々徒然。恵陽の日常と本館零れネタ。
TOP日常 ≫ 遅いよ

遅いよ

従兄弟から年賀状が届きました。
……今更?

すごく遅いよ。しかもうちの家族は誰も住所を知らず、出していなかったので今印刷してやりました。明日多分出すので年賀状か?と、首を傾げたくなる時期ですね、もう。
もう一枚くらいなら手書きで書いて欲しいよ。セットに手間掛かるのに。従兄弟からの年賀状にメルアドもあって、一瞬「遅いわ!」と送ってやろうかと本気で考えてしまいました。しかしこれだけのためにプリンタ起動すんのが勿体無くて、やろうやろうと思いつつ出来ていなかった冊子をちょっと作ってみました。

以下、その冊子についてです。興味ない方はスルーどうぞ。



試作版冊子のこと。

冊子とはいうものの、本当に印刷しただけのぺらぺらです。まあ、すぐ印刷出来るように作ってはあったので出来たのですが。
とりあえず表紙。

本、表紙
サムネイルだとまったく文字がわからない…。
渋めの赤い髪にオリーブの文字で印刷。本当は明るい色を使いたかったのですが、どうもうまくいかなかったのです。


そんで中身。
本、中身
三段で組んでます。じゃないととてもじゃないけど頁が、紙が…!
今回印刷したのは「塔」の本編です。短編もしたかったけどそこまで出来んかった。ちなみに塔本編を原稿用紙に換算すると確か90枚に足らないくらいだったと思います。三段組みでやって全部で23ページあります。結構あったよ。


最後に裏表紙。
本、裏表紙
こんな感じです。
で、まとめてホッチキスでとめて、製本テープをつければ出来上がり。印刷するまでが時間掛かるけどそこまで終われば意外に早く出来そうな感じですね。ただ印刷前の作業がやっぱ一番面倒です。考えるのは楽しいけど、誤字脱字とかね。

本当はもっと表紙とか凝れればいいんですけど、如何せん時間がない。凝ったのも一冊作ってみたいですね。
チョコとか冊子にする時はかわいめの表紙にしたりさ。作風に合わせて作ってみたい。まあ、時間があったら作ってみたいと思います。
いつかなんかの企画で需要があれば、その人のための一冊を作ってさしあげたりできたらいいなあと密かに思ってたりします。欲しい話に+αで特別篇をつけるとかね。需要がなさそうだし、まだ試作段階だしで、無理ですけど。とりあえず第一の目的は果たしたので、次は凝った表紙で作ってみる、を目標に試作二冊目作ってみたいと思います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31